会社設立!長持ちするチタン印鑑で3種類揃えてみては?

pic45
会社を創業するなんて自分には無縁、と思っている人もいるかもしれませんが、意外にも老若男女問わず、毎年多くの人が起業をしています。
そこで、少し忘れがちだけになってしまうものの、必ず必要になってくるものが3種類の印鑑です。企業の永続を願って、最近は頑丈なチタン素材も流行っているようです。
いつでも印鑑をオーダーできるよう、会社印鑑への知識も身につけておきましょう。

■会社が持つべき印鑑とは?

独立をしても個人事業主であれば、個人印1つでもかまわないのですが、法人を設立するとなると、印鑑の使い分けが重要になってくるのです。

まず、企業で使われる印鑑は基本的には3種類になります。実印、角印、銀行印です。会社名や社長の氏名、住所などが入ったゴム印をイメージする人もいるかもしれませんが、実を言うと、それは必須の印鑑ではないのです。

■3種類の使い分けのポイント

3つの印鑑がいつ、どこで使われるかというのはご存知でしょうか?
社員として働いていると、一番馴染みのあるものは角印かもしれません。これは、見積書や請求書など、企業同士の取引の際に、書類を発行した会社を明確にするために押印されるものです。そのため、公的文書には角印だけでは受領されないものもあるので、注意が必要です。

最も社内において重要な印鑑は、丸い形をした実印です。個人の実印同様、会社や団体の設立登記をした際に、法務局に届け出た鑑です。真ん中に役職の記載があり、外側に丸く社名が記されています。

そして、最後に銀行印です。実印と銀行印を分けなくてはいけない決まりはないのですが、実印の盗難、紛失などに備え、銀行印は分けて作成しておくのが基本です。銀行印も実印同様、捺印する時は文字にかぶらないように注意しましょう。

■素材選びもしっかりと!

pic45_3

会社の印鑑と言うと、木材でつくられた印象が強いかもしれませんが、最近では選ばれる素材も多種多様です。耐久性を重視しつつ、組織が継続しますようにとの願いを込めて、チタンで作成するところも増えてきています。1本2万円弱から(上は4万円程度)作成できますが、持ちの良さを考えたらお得感を感じられるでしょう。また、こちらもセットで購入すると割引率が高くなっています。
写真は、ハンコヤドットコムサイトより「チタン印鑑/会社設立 3本セット プレーンブラスト(寸胴タイプ) (角21)【ブラックメタル枠・印袋付】」(定価112,470円(税込)⇒66,580円(税込))

さらに、チタンと言っても最近はシルバーだけではなく、少しブラックやゴールドがかったものもありますので、ぜひお好みのものを選んでみてくださいね。
pic44_4
会社印鑑を作成すると、いよいよ開業、という気持ちが感じられ、自分の企業への愛着も深まるかもしれません。ぜひ、使うたびに仕事への熱い思いが生まれる印鑑を作成しておきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑