入社したらすぐに役立つ「印鑑の種類と使い分け方」を知ろう!

pic44-1

会社に入ったら言われた印鑑を買えばいいや、と思っていると入社前にもう失敗してしまうことがあります。新入社員としての活躍が始まる前に、新生活への準備をしなければならないからです。

例えば、会社の近くに引越しをするとしたら、アパートの契約をします。契約書には実印か認印が必要です。持っていますか?

それにお給料を振り込んでもらうには、大抵、会社指定の銀行に新しく通帳を作ります。新しい通帳を作る時には銀行用に、普段使う印鑑とは別の印鑑を登録します。というのは普段使っている印鑑だと、欠けたり失くしたりして後で困ったことになってしまうからです。

入社に間に合うように最安値で印鑑を作ろう

新入社員として新生活を始めたら、認印は会社に置いておきます。上司に提出する書類などには認印を押して提出する物が多いので、家で宅急便などを受け取るのとは別に印鑑が必要なのです。

ですから銀行印、認印、受け取り用のネーム印の三種類は最低入社前に揃えておきましょう。できれば念のため、実印にも使える印鑑も一本用意しておくと、必要になったらすぐ登録して使えます。
pic44-2

写真はInkans.comサイトより「【新生活準備】彩樺 銀行印60×15.0mm/認印60×10.5mm 2本セット 」(6,180 円(税込) ※送料無料)

印鑑の最安作成通販店で入社後すぐに使える印鑑を揃えよう

pic44-4

印鑑の高級手仕上げ激安専門店、Inkans.comでは「2015年度新生活準備特集」として、新入社員向けに今すぐ手元に届く印鑑をセール中です。お手頃な価格なのにしっかりした作りの印鑑が揃っていますので、このキャンペーン中にぜひ一通り購入されてはいかがでしょうか。

銀行印、認印、荷物受け取り用のネーム印などが、それぞれ素材別に使い分け説明付きで紹介されていますし、ケース付きで美しい印鑑ばかりです。
サイズ、素材、書体などを選んで発注すると、何日くらいで手元に届くのかすぐ分かるという点でも安心ですね。
pic44-3
写真はInkans.comサイトより「【新生活準備】チタン 銀行印60×15.0mm/認印60×10.5mm 2本セット 」(12,380 円(税込) ※送料無料)

◆就職を機に実印作成するなら、ぜひこちらの記事もチェックしてみてくださいね。
実印 作成するなら知っておきたい大切な3つのお話

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑